「責任と自由はセットで考える」社会課題に取り組むLiBが実践する多様な働き方

株式会社リブの代表取締役 松本洋介 氏 ( 右 ) と経営セクション 定平一郎 氏 ( 左 )

キャリア女性のための転職支援サービス「LiBz CAREER (リブズキャリア) 」を展開する株式会社リブ。結婚や出産などのライフイベント後も、働き続けたいと願う女性を支援するサービスを展開している。同社は、社内での組織作りにも、新しい取り組みをしており、多様な働き方を促進している。今回は、代表取締役社長 松本洋介(まつもと ようすけ)氏、経営セクション 定平一郎(さだひら いちろう)氏に同社の取り組みについてお話を伺った。

自分たち自身が多様な働き方にチャレンジする

「多様な働き方」を促進している貴社ですが、その背景を教えてください。

松本 :当社は、「生きる」をもっとポジティブに。というビジョンのもと、世の中の女性が、自分らしく活き活きと働き続けられることを支援するサービスを展開しています。日本は少子高齢化に伴い、労働人口が減っていくなかで、いかに労働人口を確保するのかが、社会的な課題になっています。 一方で、これまで頑張ってきた女性が、ライフイベントに起因して、キャリアを断絶してしまっているケースが多く、大きな機会損失を生んでいます。この課題を解決するために、キャリアアップの転職はもちろん、一度ペースを落として働くための転職であったり、家庭とのバランスをとるような働き方を、女性が選ぶことができる環境を作ることを目指しています。 このようなビジョンを掲げているため、まずは自分たち自身が、多様な働き方の選択肢の中で、活き活きと働ける環境を作ることにチャレンジしています。これは創業前から決めていました。


責任が生む自由、個性がもたらす多様性

貴社では実際にどのような働き方をされている方がいらっしゃいますか?

株式会社 リブ の代表取締役 松本洋介 氏

松本 :当社には、時短勤務で営業をしている子育て中のママ、ほぼリモートワークで働いているカスタマーサポート、自身の企業を経営しながらLiBへ参画しているデザイナーなど、様々な働き方で活躍している仲間がいます。多種多様な人材が時間や場所の制約にかかわらず、LiBでチャレンジできる環境を作っています。 自分たち自身が多様な働き方を実践することで、ビジョンの実現以外に、採用の観点でも、応募者の方に「LiBであれば、自分がチャレンジできる可能性がある!」と感じていただくことで、応募者の方の選択肢を増やすことができています。

多様な働き方を推進する上で、会社として大切にしている考え方はありますか?

松本 :多様な働き方を実践するためには、責任と自由がセットである必要があると考えています。各自がプロフェッショナルであり、自分の仕事に責任を持てるからこそ、働き方の自由も選択できる。当社の中で大切にしている考え方を言語化した「LiBz PRIDE」の中では、「責任が生む自由、個性がもたらす多様性」と表現しています。各個人がこの言葉を実践し、自分の意思で働き方を選んで活躍しています。


チームビルディングで重要なことは、お互いを知ること

チームビルディングはどのようにされていますか?

松本 :創業から現在約1年半経過しましたが、特に今年に入ってからチームが急激に拡大しています。チームビルディングを進める上で、最も重要な点としていることが、お互いのことを深く知ること。各個人に焦点を当てて、興味・考え方・背景など、相手に興味を持つことで新しい発見が生まれます。相手の新しい一面を発見すると一気に距離が近くなりますよね?それが結果として、コミュニケーションの量を増やすことにつながり、社内が活性化します。 「お互いのことを知ること」ができる環境を作るために、オンライン上で仲間の「人となり」をいつでも確認できるようにしています。既存のチームビルディングに加えて、新入社員にとってもチームメンバーの「人となり」を知ることができることが、スムーズな立ち上がりにつながっています。

経営セクション 定平一郎 氏

定平 :多様な働き方を受け入れながらチームビルディングを行う上では、対面で会話することも非常に重要だと考えています。具体的な取り組みとしては、毎月一度チーム全員が揃って事業の未来について会話するLiBz CAMP、一年一回程度実施する1泊2日の合宿などを行っています。対面で会話する中で、お互いを理解する機会を設けて、チームビルディングへつなげています。


オンラインでもオフラインでも徹底的に情報共有

社内での情報連携はどのようにされていますか?

定平 :社内での情報連携については、オンライン、オフライン問わず徹底してオープンにしています。本来、人は正しい情報があれば、主体的・能動的に動けるものです。各チームでの情報は、オンラインではチャットツールや掲示板を使ってリアルタイムに連携し、オフラインでは週一回の全体定例ミーティングで情報共有することで、お互いに賞賛し合ったり、時には厳しい意見も率直に言い合ったりできる場を設けています。

松本:お互いのことを深く知り、徹底的に情報共有することによって、当社は自分の仕事に責任を持ち、自分で働き方を選ぶことができる環境を作り出しています。これからも多様な働き方の中で、仲間が活躍できる環境を追求していきたいですね。